「鬼滅」があっても年間興行収入が約半減。映画業界の早期回復は困難か

image_vulture / Shutterstock.com

2020年の映画興行収入は前年比▲45%減

コロナ禍でイベントや娯楽が大苦戦する中、昨年(2020年)の日本国内における映画興行収入は約1,433億円となり、過去最高を記録した前年(2019年)から▲45.1%減という記録的な減少となりました。また、1,433億円という数字は、現在と比較可能な記録が残る2000年以降でも最低となっています。

2015年以降の実績は以下の通りです。カッコ内は前年比。

  • 2015年:2,171億円(+4.9%増)
  • 2016年:2,355億円(+8.5%増)
  • 2017年:2,285億円(▲2.9%減)
  • 2018年:2,225億円(▲2.7%減)
  • 2019年:2,611億円(+17.4%増)
  • 2020年:1,433億円(▲45.1%減)

劇場の一時休業や最大収容人数の削減が直撃

続きを読む

2020年の興行収入激減の要因は、新型コロナウイルスの感染拡大に尽きます。感染拡大が顕著となった昨年3月以降、多くの劇場が長期間の一時休業を余儀なくされ、昨年春に発出された第1回目の緊急事態宣言解除後も、いわゆるソーシャルディスタンス確保のため、客席は実質半減となりました。

また、洋画を中心に大作の公開延期が相次いだことも痛手だったと言えましょう。そして、昨年末からのコロナ第3波襲来で緊急事態宣言の再発出など、かつて経験したことのない逆境が続いています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。