「鬼滅」があっても年間興行収入が約半減。映画業界の早期回復は困難か

さらに、観劇中の飲食が全面禁止になった劇場も数多くあり、ポップコーンや清涼飲料水など利幅の大きい販売も落ち込んでいます(観客から見れば非常に割高な飲食物、興行収入には含まず)。今後もこのような状況が続けば、閉館に追い込まれる劇場が続出する事態になるかもしれません。

「鬼滅の刃」が唯一の明るいニュース

一方、こうしたコロナ禍にもかかわらず、スーパーメガヒット作が誕生しました。ご存知の通り、昨年10月16日に公開となった『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(以下、「鬼滅の刃」)は、あっという間に歴代興行収入のトップとなり、現在も上映中です。

何しろ、不滅の金字塔と言われていた「千と千尋の神隠し」の記録をわずか2カ月で抜き去ったのですから、その人気ぶりがわかります。

ちなみに、歴代興行収入の上位10作品は以下のようになっています(2000年以降~、2021年2月7日時点)。

  • 第1位:「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(2020年) 372億円(注:上映中)
  • 第2位:「千と千尋の神隠し」(2001年) 317億円
  • 第3位:「タイタニック」(1997年) 262億円
  • 第4位:「アナと雪の女王」(2014年) 255億円
  • 第5位:「君の名は。」(2016年) 250億円
  • 第6位:「ハリー・ポッターと賢者の石」(2001年) 203億円
  • 第7位:「もののけ姫」(1997年) 202億円
  • 第8位:「ハウルの動く城」(2004年) 196億円
  • 第9位:「踊る大捜査線 THE MOVIE 2」(2003年) 174億円
  • 第10位:「ハリー・ポッターと秘密の部屋」(2002年) 173億円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。