「あつ森」カブで損したわが子が自らお金のことを学び始めた方法

BlurryMe / Shutterstock.com

東京や大阪など10の都府県で、2度目の緊急事態宣言の延長が決定されました。寒さも重なり、外出自粛生活を過ごす中で、子どものいる家庭では家でできるゲームに助けられることも多いのではないでしょうか。実際、昨年春の自粛では、ニンテンドースイッチの「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)が大人気となりました。

無人島で季節ごとの生き物や花を採取したり、自分の好きな家や家具などが作れるゲームですが、そのリアルさに子どもたちも夢中。生活だけでなく「預金」「住宅ローン」「カブ」といったお金の勉強も、遊びながら自然と覚えることができます。

続きを読む

わが家の子どももハマったあつ森ですが、カブの売買によるリアクションはまるで大人そのもの。得をしたときは喜ぶだけでしたが、損をしたときには自ら学ぶ様子も見られました。

カブの売買で見せる反応はまるで大人のよう

あつ森では自分で生き物を獲ったり、家具などをDIYして売ると、「ベル」というお金を稼ぐことができます。ベルは預金として預けることもできますし、家を建てた際には住宅ローンをベルで支払います。

さらに毎週日曜日の午前中には、ウリというキャラクターが「カブ」を売りに来ます。日曜日の午前中に買ったカブの値段は、月~土の午前・午後で変動。たとえば日曜日の午前中に1カブ101ベルで株を買い、火曜日の午後に150ベルで売れれば儲かり、逆に木曜日の午前に78ベルで売れば損をするという仕組みです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

2級ファイナンシャル・プランニング技能士。大学卒業後、金融機関の営業職として勤務した経験を生かし、女性のキャリアとお金について勉強を重ねつつ執筆活動をしている。2児を育てるシングルマザー。シングルマザーでも無理をせず、育児も仕事も楽しむ生活を実践中。