世帯年収1000万円台「ホントの貯蓄事情」が厳しめなワケ

Suzanne/shutterstock.com

通帳や家計簿を見て、「わが家の世帯年収が1000万円だったらなぁ」と考えた経験はありませんか?

目標や憧れの年収額としてもよく挙げられる、「年収1000万円」というライン。「これだけの収入があれば、さぞかし多くの貯蓄があるのだろう」と思う方もいることでしょう。

ところが、年収1000万円台世帯の貯蓄事情をのぞいてみると、意外と厳しい状況に陥っているケースもあるようです。では、その状況を詳しくみていきましょう。

続きを読む

「年収1000万円台世帯」のお金事情

高収入のイメージがある年収1000万円台世帯ですが、そのお金事情はいかに。

総務省発表の「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2019年(令和元年)平均結果(二人以上の世帯)」をもとに、「貯蓄額」と「負債額」、その差額の「純貯蓄額」の3つの視点からみていきましょう。

この調査報告によると、年収1000万円台の勤労世帯の平均貯蓄額とその内訳は以下の通りです。

「年収1000万円~1250万円」世帯の貯蓄額

(世帯主の平均年齢50.2歳)

平均貯蓄額:2036万円

  • 通貨性預貯金:617万円
  • 定期性預貯金:591万円
  • 生命保険:459万円
  • 有価証券:246万円
  • 金融機関外:123万円

「年収1250万円~1500万円」世帯の貯蓄額

(世帯主の平均年齢50.9歳)

平均貯蓄額:2460万円

  • 通貨性預貯金:725万円
  • 定期性預貯金:671万円
  • 生命保険:480万円
  • 有価証券:332万円
  • 金融機関外:193万円

「年収1500万円以上」世帯の貯蓄額

(世帯主の平均年齢51.8歳)

平均貯蓄額:3673万円

  • 通貨性預貯金:1066万円
  • 定期性預貯金:1047万円
  • 生命保険:727万円
  • 有価証券:613万円
  • 金融機関外:220万円

年収1000万円台世帯は、預貯金を中心に平均2000~3000万円ほどの貯蓄をしていることが分かりました。

また、「世帯主の配偶者のうち女性の有業率が7割程度」とも示されています。単独では難しい場合、共働きで「年収1000万円世帯」を目標にするのもいいでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。