【60代】貯蓄2000万円以上の世帯は?老後資金を増やす方法

2019年に金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」が公表した報告書により、年金以外の老後資金が2,000万円必要だと話題となりました。この「老後2,000万円問題」によって、貯蓄に不安を抱える人も増えているようです。

総務省統計局の「家計調査報告(貯蓄・負債編)―2019年(令和元年)平均結果―(二人以上の世帯)」によると、二人以上世帯の貯蓄現在高は1,755万円という結果が出ています。

こちらは全体の平均額ですが、60代のみで見るとどれくらいの貯蓄額になるのでしょう?本記事では、60代の貯蓄の必要性や平均貯蓄額、貯蓄2,000万円を超える世帯の割合を紹介します。60代から貯蓄を増やす方法についてもみていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

証券会社で営業を経験したのち、エステティシャンの資格を取得して、自宅でホームエステとメイクや美容に関するアドバイスをしています。現在は2人の子供を育てながら、webライターとエステティシャンの二足のわらじで活動中。コスメやジュエリーブランド、暮らし・お金の使い方などさまざまなジャンルのメディアに携わり、記事を執筆しています。