70代以上の貯蓄事情、平均額が語らぬ「明暗部分」

RaiDztor/shutterstock.com

長期化するコロナ禍が、雇用や家計にダイレクトな影響を与えるこんにち。

年金不安や終身雇用制度の崩壊など、はたらきざかりの世代をとりまく「仕事」や「お金」の先行きはとても不透明です。老後のお金について不安を感じていらっしゃる方も少なくないでしょう。

一方、「日本のシルバー世代はお金持ち」といったイメージを持たれる方も多いかと思います。実際のところはどうなのでしょうか。

70代以降の貯蓄額は、老後の生活を支える大切な柱。今回は、そんな「70代以上、シルバー世代」の貯蓄事情に迫ります。

続きを読む

70代以降はどのくらい貯蓄を残しているのか

まず、70代以上の貯蓄額を、総務省統計局の「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2019年(令和元年)平均結果-(二人以上の世帯)」より確認していきましょう。

70代以上の貯蓄の種類別貯蓄現在高(二人以上の世帯、2019年)

金融機関

  • 通貨性預貯金・・・580万円(25.8%)
  • 定期性預貯金・・・962万円(42.7%)
  • 生命保険など・・・352万円(15.6%)
  • 有価証券・・・347万円(15.4%)

金融機関外・・・11万円(0.0%)

※四捨五入の関係で合計100%になっていません

これらをあわせると、70代以上の平均貯蓄額は約2252万円となります。

【解説】貯蓄の種類について

「通貨性預貯金」…自由に入出金可能な普通預金など
「定期性預貯金」…金融機関に一定期間預ける定期預金など
「生命保険など」…生命保険会社の養老保険やこども保険などで、掛け捨ての保険は含まない

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。