奨学金を借りるときに、1番やってはいけないこと

一番やってはいけないこと

最後に、一番やってはいけないことをお伝えしておきます。それは次の状況の時に、「連帯保証人に親や親族を立てる」ことです。次の状況とは、①奨学金を多く借りている、②親や親族が経済的な余裕がない、③返還が困難な状況が想定できる、の3つ中で2つ以上当てはまっている状況です。

奨学金を借りる時には必ず保証人が必要です。これは機関保証でも構いません。機関保証とは、保証料を支払うことで保証人の代わりをしてくれる機関です。仮に自己破産をして、本人の奨学金の返済が免除されたとしても、債務はなくならず、連帯保証人や保証人に移ります。親が連帯保証人となっていた場合、元々奨学金を借りるということは経済的に余裕がないケースであるため、その親までが自己破産をしてしまうという自己破産の連鎖が起こることがあります。機関保証を利用すれば、こうした最悪な事態を避けることができます。

もちろん、保証人となる親や親戚の経済力が盤石である、返済に困ることはないという自信があるなら、親や親戚を保証人にしてもいいと思います。そうすることで決して安くはない保証料を機関保証に支払う必要がなくなります。奨学金の借入者の状況によってケースバイケースですが、少しでも不安があるなら機関保証を検討してみましょう。

OneMile セミナー

参考資料

石倉 博子

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
石倉 博子

1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP認定者。"お金について無知であることはリスクとなる"という信念のもと、子育て期間中にFP資格を取得。難しい制度や専門用語を分かりやすく伝えることを目的として記事を執筆中。趣味は読書とイラストを描くこと。Hatena Blog:お金の勉強をするブログ