奨学金を借りるときに、1番やってはいけないこと

eamesBot/shutterstock.com

ここ数十年、平均給与の伸びは横ばいになっているにもかかわらず、大学の学費は上昇の一途をたどっています。大学進学者の約半数が奨学金を利用している状況で、卒業後の返済に苦労している人も多いことでしょう。そこで、奨学金の返済が難しくなってきた場合の3つの対処方法と一番やってはいけないことをお伝えします。

奨学金の借入額は平均いくら?

労働者福祉中央協議会が行った「奨学金や教育費負担に関するアンケート調査」(2019年3月)によると、奨学金の借入総額は平均324.3万円、借入総額が500万円以上という人は12.4%いました。また、毎月の返済額の平均は1万6,880円、返済期間の平均は14.7年でした。

続きを読む

拡大する

「奨学金の借入総額」出典:労働者福祉中央協議会「奨学金や教育費負担に関するアンケート調査」(2019年3月)

拡大する

「奨学金の毎月の返済総額」出典:労働者福祉中央協議会「奨学金や教育費負担に関するアンケート調査」(2019年3月)

拡大する

「返済期間」出典:労働者福祉中央協議会「奨学金や教育費負担に関するアンケート調査」(2019年3月)

同調査のその他の結果もご紹介しておきましょう。

「奨学金の返済を延滞したことがあるか」を聞いたところ、15.7%の人が「ある・あった」と回答しています。延滞した理由の1位は「単に返済を忘れていた」53.9%、2位「収入が少ない」42.5%、3位「奨学金以外の借入金の返済がある」17.8%となっています。

また、返済の負担感を正規労働者と非正規労働者に分けて聞いたところ、正規労働者では約4割が「苦しい」と回答しているのに対して、非正規労働者では6割弱が「苦しい」と回答しています。

拡大する

「返済の負担感」出典:労働者福祉中央協議会「奨学金や教育費負担に関するアンケート調査」(2019年3月)より一部筆者修正

実際に延滞という状況になっている人は1.5割とまだ少ないものの、返済が苦しいと感じている人は多いことがわかります。こうした人たちが奨学金の延滞へと向かわないために、回避方法を次にお伝えします。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
石倉 博子

1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP認定者。"お金について無知であることはリスクとなる"という信念のもと、子育て期間中にFP資格を取得。難しい制度や専門用語を分かりやすく伝えることを目的として記事を執筆中。趣味は読書とイラストを描くこと。Hatena Blog:お金の勉強をするブログ