毎月貯めたい教育費はいくら?理想と現実のギャップとは

日本では少子高齢化が進んでいます。財務省が提供する資料「日本の少子高齢化はどのように進んでいるのか」によると、約50年後までに、65歳以上人口はほぼ横ばいで推移する一方で、20歳から64歳までの人口は大幅に減少し、高齢化率は10%程度上昇することが見込まれています。

少子化対策のひとつが、児童手当です。今回は、株式会社インタースペース調べ「『子どもの教育費と児童手当』に関する実態調査」を参考にして子育てにかかるお金について紐解いていきましょう。

なお、今回の調査対象は第一子のお子さんを妊娠中、未就学児〜中学生のママ1,000人以上です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大阪市立大学経済学部卒。大学在学中に人材コンサル会社にて大学生へのキャリア支援や企業の採用活動をサポートする営業事務として勤務。大学卒業後にIT会社にてシステムエンジニアとして勤務したのち、フリーライターとして独立。大学生と企業の両面から採用活動に携わった経験を活かしてビジネス関連を中心に幅広いジャンルで執筆活動中。京都の田舎でゆるりと自分らしい生活を大切に。Twitter:https://twitter.com/k_k_kanana