「ニーサ」から「つみたてニーサ」への変更。非課税枠が減って損なのか

tomertu/shutterstock.com

資産形成のための制度「NISA」が2014年に金融庁で作られた4年後、「つみたてNISA」がスタートしました。いずれも非課税投資枠が設定されて、長期的な資産形成のツールとして活用できます。先にNISAを始めていたら、後でつみたてNISAに変更することになるのですが、ちょっとした心理的な壁を感じることがあるかもしれません。それをどう取り払うのか、筆者の経験を元にして紹介していきます。

躊躇してしまう「NISA」から「つみたてNISA」への変更

続きを読む

将来に向けての資産形成の方法の1つとしてNISAがあります。2014年にスタートしたNISAを筆者も活用していたのですが、最近になってつみたてNISAに変更しました。つみたてNISAは2018年1月からスタートしているので、なぜ最近になって?と思う人もいることでしょう。もはやうっかりとしか言いようがないのですが、てっきりつみたてNISAに変更していたとばかり思っていて…。

でもいざ変更しようと思ったとき、少し悩んだのも事実です。何に悩んだのかというと、毎月積み立てていく金額が減ってしまうこと。NISAの非課税投資枠は年間で120万円ですが、つみたてNISAは年間40万円なので、なんだか損をしてしまうような気がしたのです。実は筆者と同じように感じてしまう人は少なくありません。「せっかく120万円の枠があるのに、なんかもったいないよね」という声も聞いたことがあります。

でも実際にはつみたてNISAの方が将来の資産形成には向いている。そう教えてくれたのがセゾン投信の中野晴啓会長です。筆者自身が投資信託で運用をしていることもあり、NISAからつみたてNISAに変更する際の考え方やポイントを教えていただきました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
川崎 さちえ

茨城大学教育学部卒。2004年からヤフオク!をスタートさせ、独自のノウハウを構築。現在は、ネットオークションだけではなくメルカリなどのフリマアプリでも実践的なノウハウを研究しつつ、ユーザーとして出品や購入の経験を積む。家計を守る身としての節約術やお得情報、さらに時短につながるようなアイテムにも敏感。高校生と中学生の子どもの母親として、子育てやお金について日々模索中。
All About(オールアバウト)フリマアプリ・ネットオークションガイド:川崎 さちえ Instagram:sachie_kawasaki Facebook:川崎 さちえ