老後までに確認したい、年金受給額を増やす方法

copy URL

繰り下げ受給とは

昭和16年4月2日以後に生まれた方については、年金の受け取りを遅らせること(繰り下げ受給)により、月単位で年金額の増額が可能となります。その増額率は一生変わりません。

増額率の計算方法は以下のとおりです。

  • 増額率=(65歳に達した月から繰り下げ申出月の前月までの月数)×0.007

つまり、受け取りを5年遅らせて70歳から受け取る場合は42%、さらに10年遅らせて75歳から受け取ると、なんと84%も増やすことができるのです。

繰り返しになりますが、受給額は一生変わりませんから、長生きすればするほどお得となるわけです。

自分の健康状態や将来のプランも考えて、受け取り開始年齢を決めてもよいかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
小泉 千恵

ネブラスカ州立大学卒業、サム・ヒューストン州立大学大学院修士課程修了。 大学卒業後、東洋証券で勤務し、海外株式や投資信託、生命保険と言った様々な金融商品を取り扱う。その後渡米し、米国の大学でアスレチックトレーナーとして従事。自分自身の資産運用だけではなく、友人や知人などが抱えるお金の悩みなどの話を聞くうちに、改めて資産運用の重要性を認識。はたらく世代の資産運用の課題を解決したいという思いでファイナンシャルアドバイザー業務に従事。一種外務員資格(証券外務員一種)、3級ファイナンシャル・プラニング技能士(FP3級)を保有。