年収500万円世帯の貯金は本当はいくらか

給与階級別分布-女性-

  • 100万円以下:341万6000人(15.4%)
  • 100万円超200万円以下:525万8000人(23.7%)
  • 200万円超300万円以下:452万3000人(20.3%)
  • 300万円超400万円以下:389万人(17.5%)
  • 400万円超500万円以下:233万3000人(10.5%)
  • 500万円超600万円以下:123万2000人(5.5%)
  • 600万円超700万円以下:66万人(3.0%)
  • 700万円超800万円以下:36万6000人(1.6%)
  • 800万円超900万円以下:17万7000人(0.8%)
  • 900万円超1000万円以下:10万3000人(0.5%)
  • 1000万円超1500万円以下:18万9000人(0.8%)
  • 1500万円超2000万円以下:5万4000人(0.2%)
  • 2000万円超2500万円以下:1万2000人(0.1%)
  • 2500万円超:1万5000人(0.1%)

年収500万円(ここでは年収500万円超600万円以下)を得ている給与所得者は、男性で13.5%、女性が5.5%となっています。

年収500万円台の男性は約1割ほどですので、普通と言えるかは判断が分かれるところです。

また、女性の社会進出が進んでいるとはいえ、男女の年収においては、まだまだ開きがあるのが現実のようです。

年収500万円世帯の貯金はいくらか

つぎに、総務省 「2020年4~6月家計調査報告(貯蓄・負債編)二人以上の世帯のうち勤労者世帯」の調査結果をみてみましょう。

年収500万円台の勤労者世帯の貯蓄額と負債の金額については、意外な事実が見えてきました。

年収500~550万円

  • 世帯主の平均年齢:48.0歳
  • 平均年収:523万円
  • 平均貯蓄額:839万円
  • 平均負債額:721万円

(負債の内訳)
 住宅・土地購入のため:686万円
 住宅・土地以外の負債:13万円

年収550~600万円

  • 世帯主の平均年齢:48.9歳
  • 平均年収:571万円
  • 平均貯蓄額:1010万円
  • 平均負債額:820万円

(負債の内訳)
 住宅・土地購入のため:755万円
 住宅・土地以外の負債:52万円


貯蓄額には、預貯金の他、生命保険や有価証券も含めた金額となっています。

この調査で意外なのは、それぞれの年収帯の負債額です。

貯金額に関しては、平均年収に連動し500~550万円世帯よりも、550~600万円世帯のほうが順当に多くなっています。

しかし負債額においては、住宅・土地「以外」の負債額をみると、年収が高いはずの550~600万円世帯が上回っています。

こどもの教育費・進学費、日ごろの付き合いをふくめた生活水準とのバランス等、考えられる要因はありますが、「年収が高い=負債もない」わけではないことが分かります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
尾崎 絵実

短期大学卒業後、富国生命に入社。その後、大手保険代理店を経て、ファイナンシャルアドバイザー業務に従事。これまでに約1000以上の世帯からお金のご相談を受け、ファイナンシャル・プラニングを実施。常に最新の情報を把握するように努め、保険だけではなく、様々な金融商品を活用した総合的な資産運用を目指す。2020年 MDRT 日本会会員。3級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP3級)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。