年収500万円世帯の貯金は本当はいくらか

Aleksei Morozov/iStock

2021年になり、早くも半月が過ぎようとしています。

昨年末、SNS上では、「#普通の男性」「#年収500万円」というハッシュタグをつけた様々な意見がつぶやかれました。婚活女性が定義する普通の男性像が、物議をかもしていたのは記憶に新しいところです。

私は国内の大手生命保険会社の勤務経験を経て、フィナンシャルプランナーとして1000世帯以上のお客様のフィナンシャル・プランニングに携わってきました。

今回は、この物議をかもした年収500万円の人がどれくらいいるか、年収500万円世帯の貯金額や特徴について、みていきたいと思います。

続きを読む

年収500万円の給与所得者は何割いるのか

近年、男女ともに晩婚化といわれ、未婚率が上昇しています。バリバリ働いて、独身の自由を謳歌しているという方も少なくないかと思います。

それでは、国税庁の「令和元年分民間給与実態統計調査」から、男女別の給与分布を確認してみましょう。

給与階級別分布-男性-

  • 100万円以下:115万2000人(3.8%)
  • 100万円超200万円以下:217万4000人(7.2%)
  • 200万円超300万円以下:331万4000人(10.9%)
  • 300万円超400万円以下:501万7000人(16.6%)
  • 400万円超500万円以下:531万9000人(17.5%)
  • 500万円超600万円以下:409万6000人(13.5%)
  • 600万円超700万円以下:273万6000人(9.0%)
  • 700万円超800万円以下:194万9000人(6.4%)
  • 800万円超900万円以下:136万5000人(4.5%)
  • 900万円超1000万円以下:90万8000人(3.0%)
  • 1000万円超1500万円以下:166万1000人(5.5%)
  • 1500万円超2000万円以下:38万3000人(1.3%)
  • 2000万円超2500万円以下:11万2000人(0.4%)
  • 2500万円超:13万6000人(0.4%)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
尾崎 絵実

短期大学卒業後、富国生命に入社。その後、大手保険代理店を経て、ファイナンシャルアドバイザー業務に従事。これまでに約1000以上の世帯からお金のご相談を受け、ファイナンシャル・プラニングを実施。常に最新の情報を把握するように努め、保険だけではなく、様々な金融商品を活用した総合的な資産運用を目指す。2020年 MDRT 日本会会員。3級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP3級)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。