年収500万円世帯の貯金は本当はいくらか

年収500万円世帯は共働き率が高い

つづいて、先ほどと同じ資料から、各収入階層別に共働きである割合をみてみましょう。

世帯主の配偶者のうち女性の有業率

  • 200万円未満:18.5%
  • 200~250万円:7.9%
  • 250~300万円:13.8%
  • 300~350万円:32.0%
  • 350~400万円:36.9%
  • 400~450万円:36.0%
  • 450~500万円:50.7%
  • 500~550万円:52.2%
  • 550~600万円:52.9%
  • 600~650万円:51.1%
  • 650~700万円:59.7%
  • 700~750万円:54.5%
  • 750~800万円:60.8%
  • 800~900万円:63.3%
  • 900~1000万円:67.1%
  • 1000~1250万円:68.8%
  • 1250~1500万円:78.8%
  • 1500万円以上:67.1%

この調査結果をみると、ちょうど年収500万円にさしかかる世帯から、共働きである割合が半数を超えています。それ以上の年収帯では、さらに共働き率は上がっています。

ひと昔前は「高収入世帯=専業主婦」のような世間のイメージもあったと思いますが、いまは夫婦で協力して高収入を成す時代なのかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
尾崎 絵実

短期大学卒業後、富国生命に入社。その後、大手保険代理店を経て、ファイナンシャルアドバイザー業務に従事。これまでに約1000以上の世帯からお金のご相談を受け、ファイナンシャル・プラニングを実施。常に最新の情報を把握するように努め、保険だけではなく、様々な金融商品を活用した総合的な資産運用を目指す。2020年 MDRT 日本会会員。3級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP3級)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。