資産運用の専門家・FPとIFA、相談するならどちらか

IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)とは、どのような専門家なのか

一方で、IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)という専門家が、最近注目されるようになりました。

前項のFPが「プランナー」であるのに対し、IFAは「アドバイザー」です。

IFAとは、Independent Financial Advisor(インディペンデント ファイナンシャル アドバイザー)の略語で、証券会社や銀行などの金融機関に所属せず、独立した立場で資産運用についての助言を行う専門家です。

IFAは内閣総理大臣の登録を受け、資産運用についての助言だけでなく、複数の金融商品仲介業者として証券会社や銀行などの金融機関と業務委託契約を結ぶことができ、株や投資信託の仲介も行います。

そのため、資産運用アドバイスだけでなく、具体的な商品提案から売買取引まで行いますので、相談から購入までトータルで任せられるという特徴があります。

証券会社や銀行のように、担当者の異動がないため、長期的にわたって、同じ担当者がサポートしてくれるのはIFAのメリットと言えるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
谷口 裕梨

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。