資産運用の専門家・FPとIFA、相談するならどちらか

FPとIFA、資産運用を始めたい人はどちらに相談すべきか

FPとIFAについて見てきましたが、これから資産運用を始めたいという人は、どちらに相談すべきでしょうか。

FPは前述のように、資産運用だけでなく、不動産、税金、相続など、お金に関する幅広い知識を有しています。しかし、資産運用を中心に相談したい場合、FPに相談すれば大丈夫、とは言い切れません。

その理由の一つに、現場経験があります。FPは、投資信託などの金融商品の販売経験がなくても、資格を取得さえすれば、FPとして相談業務を行うことができます。

一方、IFAは、多くのお客様の資産運用に一番近い距離で伴走し、実際に金融商品を販売してきた経験があります。それらの経験やスキルを元にしたアドバイスや商品提案は、相談する価値があると言えるでしょう。

実際、FPは、金融商品取引法に基づいた「投資助言・代理業」の資格がなければ、投資助言行為など具体的な商品提案やアドバイスを行うことができません。

これらの点からも、資産運用を行う場合、どんな金融商品で運用すべきか、具体的なアドバイスを受けたいという人は、FPではなく、IFAに相談すべきと言えるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
谷口 裕梨

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。