「年収1000万円を稼ぐ女性」は、どのくらいいるのか。

MrArtHit/shutterstock.com

婚活で男性に高収入を求めるケースなど、結婚相手の年収だけは条件として外せない、という女性も多いでしょう。結婚相手が高収入であれば、何不自由のない生活を送ることができそうなイメージがあります。

例えば、年収1000万円を超えるような高収入の人って、どのくらいいるのでしょう。

国税庁が発表している「平成30年(2018年)度分 民間給与実態統計調査」の結果を見ると、年収1000万円以上を稼ぐことができる給与所得者(※)は、男性が全体の7.7%、女性が全体の1.2%です。つまり男女合計で、サラリーマン全体の5%の人ということになります。

続きを読む

今回は、その中から「稼ぐ女性たち」にフォーカスしていきます。

(※)スポーツ選手や芸能人などの高所得者は含まれていません。

「世帯年収1000万円超」夫婦のリアル

さいしょに、二人以上の世帯のうち勤労世帯の年収を見てみましょう。世帯主の夫1人分の給与で1000万円を達成している世帯もあれば、夫婦合計で高収入を達成している世帯もあるでしょう。

総務省が公表している「家計調査(2019年)」の「年間収入階級別」によると、表中の「1000万円以上」の世帯では「有業人員」が他の年収の世帯よりも高くなっています。また、「世帯主の配偶者・女性の有業率」も、他と比較してもっとも高くなっています。このことから、高収入の夫の世帯もあるのでしょうが、妻の収入も合算して世帯年収1000万円を達成している割合も高いということになります。

拡大する

※総務省統計局のデータより編集部にて作成

特に年収1250万円を超えるゾーンでは、世帯内の「有業人員」が2を超えています。「配偶者・女性の就業率」についても非常に高い数値であり、家族の協力の下で高い世帯収入を達成しているといえるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。