コピペは“悪”なのか? いまさら聞けない「著作権の基礎知識」と「CCライセンス」

ハッキリ言って、コピペは便利ですよね。現在はビジネス文書や学校のレポートなど、コピペなしには立ち行かないと思っています。ただし、それがブログであったり、会社のウェブサイトの場合は、必要最低限のルールは守りたいもの。

今回は著作権の基礎知識と、インターネット時代の著作権を考える上で参考となるCCライセンスについて紹介します。

著作物ってナニ?

「コピペと言ってもさ、要は出典元を記載しとけばいいんでしょ・・・」と考えているアナタ。アナタは半分正解かもしれませんが、半分は間違っています。引用にも正しいルールや法的な制約があります。著作権法の32条に規定があります。

続きを読む

著作権法32条を見る前に、著作物の定義をチェックしておきましょう。著作物の定義、その範囲を理解しておかないと、あまり意味がありませんから。日本の著作権法における著作物の定義は以下になります。

「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」(2条1項1号)

ポイントは「創作的に表現したもの」という部分。ですから表現される前の「事実(ファクト)や事件、データや思想(アイディア)そのもの」は著作物ではありません。つまり「データ」自体は著作物ではないのですが、それが表現された「図表」は著作物になる訳です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

東京都出身。元会社員。成蹊大学経済学部卒業後、バブル期に広告企画制作プロダクションのフロムガレージ(現DGグループの前身)に入社。その後、転職を繰り返しながら主にBtoB企業のプロモーション企画制作に従事。また編集プロダクションで書籍・ムックの編集・ライティングに携わる。近年では、LCA関連の環境ラベル「CFP(カーボーンフットプリント)」の制度試行事業(経産省)下での広報業務にも従事。最近は、フリーの編集者・ライターとして主にIT分野を中心に活動中。主な書籍関連実績:『高学歴貧困女子が読み解くピケティ』(責任編集/笠倉出版社)、『ロックの教科書』(共著/笠倉出版社)