20代~70代世帯、住宅ローンはいくら、残っているのか。

feeling lucky / shutterstock.com

マイホームを購入するときに多くの人が利用することになる住宅ローン。長い期間をかけて返済していく必要があるため、いったん人生の予定が狂うと、真っ先に影響が及びやすい部分であるともいえます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で家計状況が激変して、「返済ができなくなった」「家を売ることになった」といった深刻な事態に陥る人も出てきています。

今回は、世代ごとの住宅ローン残高や、これから住宅ローンを契約する場合に知っておくべきことをみていきます。

続きを読む


住宅ローンの利用者は増えている

さいしょに、国土交通省住宅局が2020年に公表した「民間住宅ローンの実態に関する調査 結果報告書(2019年度版)」によると、2018年度の「新築住宅の建設・購入等に係る実績」「中古住宅の購入等に係る実績」はどちらも2017年度より増加しています。

「新築住宅の建設・購入等に係る実績」

  • 2018年度・・・8兆6,874億円
  • 2017年度・・・7兆7,247億円

「中古住宅の購入等に係る実績」

  • 2018年度・・・2兆1,516億円
  • 2017年度・・・1兆9,049億円

なかでも新築住宅向けローンの割合が増加していますが、そのぶん、コロナ禍における経済や雇用状況の悪化で返済に悩む人が増えている可能性はあります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。