「貯蓄1000万円」世帯の年収と支出…「貯蓄100万円」世帯と何が違うの?

Prostock-studio / shutterstock.com

世の中にはお金をしっかり貯めている家庭があります。例えば貯蓄が1,000万円ある世帯と100万円の世帯では、収入や生活費など、どのように違うのでしょうか。収入が多いから貯まっているのでしょうか、それとも収入は普通で家計の方をきっちり引き締めているのか…。

2種類の世帯について、暮らし方を比較してみましょう。

「貯蓄1,000万円世帯」と「貯蓄100万円世帯」の生活費はどう違う?

総務省統計局の家計調査(※1)をもとに、貯蓄現在高が「100~200万円世帯」と「1,000~1,200万円世帯」の収入・支出のデータを比較してみましょう。暮らし方に大きな違いがあるのか、どのような点が貯蓄の違いを生んでいるのか、気になるところです。

続きを読む

(1)両世帯の基本データ

まずは「貯蓄100~200万円世帯」と「1,000~1,200万円世帯」の基本データを比較します。

拡大する

(※世帯数は抽出率調整済実数、出典:総務省統計局の資料をもとに編集部作成)

貯蓄額の平均値については947万円の差があります。両世帯数はほぼ同じくらいであり、全体(総世帯数:621万7,000世帯〔抽出率調整済実数〕)に占める割合はそれぞれ約5.9%です。世帯人員についてもほぼ同数となっていますが、世帯主の年齢については7歳ほど差があるようです。

(2)年間収入と生活費

次に年間収入や消費支出(※2)について比較してみましょう。

拡大する

(出典:総務省統計局の資料をもとに編集部作成)

貯蓄「100~200万円世帯」と「1,000~1,200万円世帯」で、年間収入には90万円ほどの差がありますが、「貯蓄1,000~1,200万円世帯」の年間収入は全体平均と同程度です。ことさら高収入というわけではないようです。

消費支出について、両世帯の差は約4万円で、1年間では約50万円の差となります。この項目についても、「1,000~1,200万円世帯」の消費支出は平均値と同程度です。しかし、持家率については差が大きく、「貯蓄1,000~1,200万円世帯」は持ち家率が9割近くになっています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。