厚生年金と国民年金、定年後に実際はいくらもらえるか

id-work/iStock

俳優の天海祐希さんが主演の映画「老後の資金がありません」が昨今の新型コロナウイルスの影響で来年まで公開延期となりました。

パート勤務の50歳代の主人公が子供の結婚、夫の失業、姑の浪費に四苦八苦しながら老後の生活資金2,000万円のために奮闘する映画が制作された背景には、老後資金を不安に思う人が実際に多いことが伺えます。

とはいえ、私たちの老後資金の柱となるのはやはり「年金」です。

そこで今回は、厚生年金と国民年金をわたしたちは定年後にいくらもらえるのかをみていきたいと思います。

続きを読む

サラリーマンの厚生年金収入はいくらか

まずは厚生年金の平均受給額についてみていきたいと思います。

厚生労働省発表の「平成30年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、厚生年金保険(第1号)受給者の老齢年金の平均年金月額は平成30年度末現在で14万6千円です。過去5年間の推移は以下のとおりです。

厚生年金保険(第1号)受給者平均年金月額の推移

  • 平成26年度:147,513円
  • 平成27年度:147,872円
  • 平成28年度:147,927円
  • 平成29年度:147,051円
  • 平成30年度:145,865円

フリーランス(自営業者)の国民年金収入はいくらか

続いて国民年金受給者の老齢年金の平均年金月額は平成30年度末現在で5万6千円です。過去5年間の推移は以下の通りです。

国民年金受給者の平均年金月額の推移(老齢年金25年以上)

  • 平成26年度:54,497円
  • 平成27年度:55,244円
  • 平成28年度:55,464円
  • 平成29年度:55,615円
  • 平成30年度:55,809円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

同志社大学卒。大学卒業後、金融機関で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は役所で主に中小企業支援などに携わり、現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポートを行う。ファイナンシャル・プランニング技能検定2級、一種外務員資格などを保有。