厚生年金と国民年金、定年後に実際はいくらもらえるか

年齢別の厚生年金、国民年金収入はいくらか

次に年金受給権者の年齢別の平均年金月額をみていきたいと思います。

厚生年金の年齢別平均年金月額

  • 60歳~64歳:79,135円(特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分のみ)
  • 65歳~69歳:144,521円
  • 70歳~74歳:146,813円
  • 75歳~79歳:153,816円
  • 80歳~84歳:161,663円
  • 85歳~89歳:164,831円
  • 90歳以上:160,367円

国民年金の年齢別平均年金月額

  • 60歳~64歳:41,790円 (繰上げ支給を選択した者)
  • 65歳~69歳:56,831円
  • 70歳~74歳:56,429円
  • 75歳~79歳:55,972円
  • 80歳~84歳:56,336円
  • 85歳~89歳:54,708円
  • 90歳以上:47,803円

国民年金は世代別でもあまり大きな金額差はありませんが、厚生年金は世代別で金額に差が生じています。

特に75歳以降の受給額が74歳以下より多いのは、昭和21年4月1日以前に生まれた人は誕生年ごとに異なる乗率を掛けて年金支給額が決まっているためです。

この乗率は生まれが遅くなるほど低くなり、昭和21年4月2日以降の生まれで一定になります。

年金は受給額に応じて所得税と住民税がかかる

皆様はご存知でしたでしょうか。実は、老齢年金にも税金はかかります。これは確定拠出年金やイデコ(個人型確定拠出年金)にも同じようなことが言えます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

同志社大学卒。大学卒業後、京都信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能検定(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。