「結婚する男性に年収500万円希望」は現実的? 県庁所在地別の収入を見てみる

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行以降、婚活する人が増えているそうです。「日本結婚相談所連盟」を運営する株式会社IBJによると、2020年8月のお見合い成立件数は、過去最高の4万1,744件に達しています。

筆者の周囲にも婚活中の人がいますが、みな口を揃えて言うのが「普通の人でいい」ということです。よくよく聞いてみると、「年収500万円くらい」「正社員」など具体的な希望が出てくるのですが、それは本当に「普通の人」なのでしょうか。

続きを読む

もし、自分の「これくらいが普通」と思っていることが、現実の普通から大きくかけ離れていたとしたら、知らず知らずのうちに出会いの機会を逃してしまっている…なんてこともあるかもしれません。

新型コロナの影響で恋愛・結婚意向が高まる

今年9月にリクルートブライダル総研は、コロナ禍での婚活の実態把握のための調査「婚活実態調査2020」の結果を公表しました。この調査によると、もともと恋愛・結婚の意向があった人のうち、新型コロナの影響でさらに恋愛・結婚の意向が高まったという人が約4割に上ったそうです。

その理由として、「人と過ごすことの貴重さを感じた」「将来を考える機会が増えた」という人が多かったとのこと。外出自粛によって人と会う機会が減ったり、収入が不安定になったりしたことが、恋愛・結婚の意向を高めたのでしょう。

結婚相手に求めるものは?

では、結婚を望んでいる人は、相手にどのようなものを求めているのでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

約10年間セラピストとして活動後、IT企業での勤務を経て、現在はフリーランスライターとして、お金に関する記事を中心に 執筆・活動中。
むずかしいお金の話をわかりやすくお伝えします。