年収1000万円の人より600万円の人が貯蓄上手は本当か

年収800~900万円世帯

平均貯蓄額:1630万円

内訳

  • 通貨性預貯金:485万円
  • 定期性預貯金:509万円
  • 生命保険など:371万円
  • 有価証券:206万円
  • 金融機関外:58万円

年収900~1000万円世帯

平均貯蓄額:2023万円

内訳

  • 通貨性預貯金:686万円
  • 定期性預貯金:613万円
  • 生命保険など:402万円
  • 有価証券:235万円
  • 金融機関外:86万円

年収1000~1250万円世帯

平均貯蓄額:2101万円

内訳

  • 通貨性預貯金:662万円
  • 定期性預貯金:597万円
  • 生命保険など:473万円
  • 有価証券:283万円
  • 金融機関外:86万円


年収が高くなるほど確かに貯蓄額としては多くなっています。ただし年収に対しての貯蓄割合で見てみるとどうでしょうか。

年収600~650万円世帯では平均貯蓄額が1599万円で年収に対する貯蓄割合は2.5倍です(平均の年収625万円で計算)。

これに対して年収1000~1250万円世帯では平均貯蓄額が2101万円で年収に対しての貯蓄割合は約1.9倍です。(平均の年収1125万円で計算)

こうしてみると、年収が高いから貯蓄も高いわけではなさそうです。

年収が上がれば生活水準も上がり、支出も多くなるということではないでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
三輪 文
  • 三輪 文
  • ファイナンシャルアドバイザー

二級ファイナンシャル・プラニング技能士(FP2級)。はたらく世代の資産運用サポート促進のためのマネーセミナーで登壇多数。二種外務員や保険募集人資格を短期間で取得。生命保険から投資信託までの幅広い金融商品を活用し、総合的な視点からライプラニングや資産運用アドバイスを行う。また、中学生から芸能活動をスタートし、役者やラジオパーソナリティ、モデルなどとして幅広く活動。フリーランスなどの経験と女性の視点も併せて資産運用の初心者にでも分かりやすくお金の話を伝えることに努力している。