就職氷河期世代が、後悔しない資産運用とは何か

sorbetto/iStock

巷でよく話題に出てくる「就職氷河期世代」というワードがあります。

厚生労働省によると、「就職氷河期世代」とは概ね1993(平成5)年~2004(平成 16)年に学校卒業期を迎えた世代を指しており、2019 年4月現在、大卒で概ね 37~48 歳、高卒で概ね 33 歳~44 歳に至っている方となっています。

希望の会社に正規として採用された人がいる一方、不本意ながら不安定な職業に就いている、無業の状態にある、社会参加に向けた支援を必要とするなど様々な課題に直面している方が多数存在しており、国の施策として、就職氷河期世代支援プログラムがあるなど社会的な問題となっています。

続きを読む

年齢にすると30代~40代という一番働き盛りであり、お金に対する意識も高くなってくる年代であり、資産運用に関しては一番の適齢期とも言えます。

今回は就職氷河期世代でも後悔しない資産運用とはなにかを確認していきましょう。

今の30代、40代はどのくらい金融資産を持っているのか

30代の場合

金融資産保有世帯

  • 平均貯蓄額:640万円
  • 中央値:355万円

内訳

  • 預貯金:322万円
  • 保険:200万円
  • 有価証券:72万円

金融資産を保有していない世帯を含む世帯

  • 平均貯蓄額:529万円
  • 中央値:240万円

内訳

  • 預貯金:266万円
  • 保険:165万円
  • 有価証券:59万円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
三輪 文
  • 三輪 文
  • ファイナンシャルアドバイザー

二級ファイナンシャル・プラニング技能士(FP2級)。はたらく世代の資産運用サポート促進のためのマネーセミナーで登壇多数。二種外務員や保険募集人資格を短期間で取得。生命保険から投資信託までの幅広い金融商品を活用し、総合的な視点からライプラニングや資産運用アドバイスを行う。また、中学生から芸能活動をスタートし、役者やラジオパーソナリティ、モデルなどとして幅広く活動。フリーランスなどの経験と女性の視点も併せて資産運用の初心者にでも分かりやすくお金の話を伝えることに努力している。