熟年夫婦「やっておけばよかった…」&若夫婦「後悔したくない!」ともに第1位に挙がったこととは?

働き盛りの若い夫婦には、マイホーム購入、子どもの誕生…といったライフイベントがたくさん。みなさんの中にも、緊張感を持って家計のやりくりをしているは多いはず。住宅ローンや子どもの教育費の捻出に追われて、貯蓄や老後資金の形成に手が回らない…というご家庭も少なくないのでは?

いっぽう、人生の先輩である熟年夫婦のみなさんからは、気がついたら銀婚式や子どもの成人式を迎えていた、という声も。

そう、時間はあっという間に過ぎていきます。貯蓄や資産運用なんて、子どもが独立してから始めよう、とゆったり構えているうちに定年退職…なんてことにもなりかねませんよね。

続きを読む

実は、ある調査では、熟年夫婦が「後悔していること」、若い夫婦が「やらずにいて将来後悔したくないこと」として「資産形成・資産運用」を挙げているのです。

資産運用のはじめどきって?

資産運用って、いつごろから始めると良いのでしょうか。松井証券株式会社の「若年夫婦・熟年夫婦の家計管理事情に関する調査」(※1)によると、意外に早期から始めた方がよいという意見が見えてきます。

この調査によれば、熟年夫婦が若い時にやっておけばよかったと後悔していること、若い夫婦が老後に備えてやっておきたいこと、どちらも1位は「資産形成・資産運用」という結果に。

《熟年夫婦》「あなたが、若いうちからやっておけばよかったと後悔すること」

1位…資産形成・資産運用(37.6%)
2位…定期的な運動(26.0%)
3位…後悔したものはない(24.7%)
4位…旅行(19.9%)
5位…親孝行(18.7%)

《若年夫婦》「あなたが、まだやっていないことの中で、やらないことで将来、後悔したくないこと」

1位…資産形成・資産運用(30.9%)
2位…教育計画(26.0%)
3位…出産計画(22.0%)
4位…家計管理(21.3%)
5位…パートナーの資産確認(19.8%)

たかがお金、されどお金。ときにお金は人生を左右します。手軽にはじめられる運用方法も含めて、早期からお金のことを考えるメリットについて、改めて考えていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。