日韓関係の冷え込みとコロナ禍、ダブル打撃のハナツアージャパンに回復はあるか?

copy URL

下がり続ける株価

ハナツアーJの株価は、好業績だった2017年度の決算報告が発表された2018年初旬にピークを迎え、4,700円台を記録しました。

その後業績の悪化と共にじりじり減少を続け、2020年8月の段階で400円台まで落ち込みました。9月に入ってからは、Go To トラベルキャンペーンなど、日本国内で旅行業界に活気が戻りつつあることから上昇傾向となり、直近は700円台で推移していますが、今後の展開は未知数です。

HANATOUR JAPANの上場来の株価推移

拡大する

まとめ

2017年度までは訪日客の増加と共に売上を伸ばし続けたハナツアーJでしたが、その後は自然災害や日韓関係悪化に伴い業績が悪化しました。さらにそこへコロナが追い打ちをかけ、今期第2四半期までの累計売上高は前年同期比で6分の1程度にまで激減しています。外的要因による業績不振をしのぐことができるか、しばらくは厳しい状況が続きそうです。

【参考資料】
株式会社HANATOUR JAPAN 2020年12月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
株式会社HANATOUR JAPAN 2019年12月期決算短信〔日本基準〕(連結)
株式会社HANATOUR JAPAN 2018年12月期決算短信〔日本基準〕(連結)
水際対策の抜本的強化に関するQ&A 令和2年10月6日時点版」(厚生労働省)

山口 伸

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

化学メーカー勤務の研究開発職。総合化学専攻 修士。平日は研究に没頭し、休日は資格を活かした副業と株式投資を行う。「くらしとお金の経済メディア LIMO」「株の窓口」に寄稿。ファイナンシャルプランナー2級、簿記2級。株式投資歴6年、趣味は街歩きと読書。