貯金は年収が多いと少ない、は本当か?

貯蓄を頑張ってしていかないと、と思っている人は、毎月の積立を無理のない金額で固定してみてください。無理な金額で始めても続きません。そればかりか、途中でやめた後ろめたさでいつまでたっても再開できないという人すら出てきかねません。

例えば毎月2万円。これを基準に自分にもできるかどうかを検討してみてください。

もし毎月2万円なら積立ができそう、という人は今すぐ貯蓄を始めると良いでしょう。

しかし、それではいつまで経っても貯まらないのでは、という感じる人は、これを機に資産運用を開始することを検討してみてください。

重要なのは目標額からリスクを逆算すること

資産運用と聞くと、資産が目減りして損をしてしまうのが怖いと感じる人も多いでしょう。その怖いという気持ちは、資産運用をする上では大切です。特に預金以外の金融商品には一般的に元本保証はありません。よくわからないままになんとなく始めてしまうと失敗してしまう可能性があります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

同志社大学卒。大学卒業後、金融機関で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は役所で主に中小企業支援などに携わり、現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポートを行う。ファイナンシャル・プランニング技能検定2級、一種外務員資格などを保有。