貯金は年収が多いと少ない、は本当か?

年収別の貯蓄額

  • 200万円未満:847万円
  • 200~250万円:800万円
  • 250~300万円:762万円
  • 300~350万円:809万円
  • 350~400万円:778万円
  • 400~450万円:861万円
  • 450~500万円:958万円
  • 500~550万円:829万円
  • 550~600万円:948万円
  • 600~650万円:1,072万円
  • 650~700万円:1,278万円
  • 700~750万円:1,425万円
  • 750~800万円:1,359万円
  • 800~900万円:1,537万円
  • 900~1,000万円:1,612万円
  • 1,000~1,250万円:2,036万円
  • 1,250~1,500万円:2460万円
  • 1,500万円以上:3,673万円

これを見てみると、年収が少ない二人以上の勤労世帯の貯蓄額が必ずしも少ないとは言えません。

確かに年収が1,000万円を超えると平均貯蓄額も2,000万円を超えていますが、年収200万円未満から600万円までの世帯の平均貯蓄額に大きな差がないのは驚くところです。

貯蓄額が年収によって差がないのはなぜか

先程の収入別の平均貯蓄額は、年収200万円未満から600万円までの世帯に大きな差はありませんでした。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

同志社大学卒。大学卒業後、金融機関で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は役所で主に中小企業支援などに携わり、現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポートを行う。ファイナンシャル・プランニング技能検定2級、一種外務員資格などを保有。