「親の終活」家族は何を聞いておけばよいのか?

連絡が必要な人、連絡してほしい人、連絡してほしくない人のリストアップ

働いている場合、勤務先のほうで社会保険や退職金などの手続きが必要ですね。働き続けるシニアが増加中。親がまだ就業中であれば、職場の連絡先も忘れずに控えておきましょう。

また、町内会やサークルなどのコミュニティーに加入している場合は、そちらへの連絡も必要です。どんな活動に参加しているのか、誰に連絡したらいいのかといったところも聞いておきたいところです。

一番やっかいなのは、交友関係、親戚関係かもしれません。

「仲の良い人には知らせてほしいが、確執のあった人には連絡するな」といった、人それぞれの思いがあります。家族が、「故人の親しい友人」だとばかり思っていた人と、晩年に仲たがいしていた、なんて話も時々聞きます。

心身共に元気なうちに、「連絡してほしい人」「連絡してほしくない人」をリストアップしてもらっておくと安心ですね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。