「親の終活」家族は何を聞いておけばよいのか?

年齢を重ねるにつれ、どうしても慶事よりも弔事に対することが多くなります。特に離れて暮らす親が高齢ながらも健在、というなど人は、「親に万が一のことがあったら、何をどうしたらいいのだろう?」ということも気になってしまいますよね。

みなさんは、「親世代の終活」に、どう寄り添っていますか?

高齢者の一人暮らしは増えている

厚生労働省が公表している『国民生活基礎調査の概況(2019年)』によると、65歳以上の人がいる世帯のうち、「単身世帯」は28.8%(うち男性35%、女性65%)となっており、年々増加傾向にあるという結果が出ています。年齢別の構成比を見てみると、男性で最も多いのは65~69歳のゾーンで30.9%、女性は75~79歳のゾーンが最も多く22.2%となっています。

続きを読む

なお、2018年の時点で、平均寿命は男性81.25年、女性87.32年という計算結果が出ていますが、男性の高齢者単身世帯のうち、寿命年齢を含む80歳以上が占める割合が23.6%、女性の高齢者単身世帯のうち、寿命年齢を含む85歳以上が占める割合が21.0%となっている点も、看過できない現実といえるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。