株価は今、バブルなのか? 4つの条件で株式市場を検証する

今回、日本では暴落時に口座数が増えたと聞きますが、そうであれば健全です。ただ、米国などではロビンフッドなるスマホのアプリを使って初心者が手数料無料で株式取引を始める事例も多いようですし、日本でも一部でそうした話は聞こえてきますので、第3の条件は少し要注意ですね。

当事者は盛り上がり、部外者は醒めている

平成バブルの時は、日本国内が大変な盛り上がりであったのと対照的に、海外では醒めた眼で日本を見ていたようです。米国のITバブルの時も同様です。

今次局面では、株式市場の参加者は盛り上がっていますが、それ以外は醒めた眼で見ているようですので、第4の条件は当てはまっていると言えそうです。

バブルだとしても、小遣いで遊ぶ分には構わない

今次局面がバブルか否かは、筆者の4条件に照らすと微妙な所です。特に一部の銘柄については、大事な生活資金等を株式投資に突っ込むのは止めておいた方が良さそうです。

もっとも、小遣いの範囲内でバクチを楽しむのであれば、バブルの時ほど楽しい時はありません。あくまでも小遣いの範囲の遊びと割り切って投資するならば、悪くないでしょう。

当然ですが、筆者は投資を勧めているわけではありませんので、投資する場合には自己責任でお願いしますね。

本稿は、以上です。なお、本稿は筆者の個人的な見解であり、筆者の属する組織その他の見解ではありません。また、厳密さより理解の容易さを優先しているため、細部が事実と異なる場合があります。ご了承ください。

<<筆者のこれまでの記事はこちらから>>

塚崎 公義

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
塚崎 公義

1981年 東京大学法学部卒業、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行
おもに経済調査関連業務に従事した後、2005年に退職し、久留米大学へ。
現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と関係なく個人として行なっているため、現職は経済評論家と表記したものである。
(近著)
なんだ、そうなのか! 経済入門
老後破産しないためのお金の教科書
経済暴論: 誰も言わなかった「社会とマネー」の奇怪な正体
一番わかりやすい日本経済入門
日本経済が黄金期に入ったこれだけの理由
(雑誌寄稿等)
Facebook、NewsPicks、アメブロ等にて適宜ご紹介