エリートサラリーマンが不動産投資で失敗する本当の理由

不動産投資で成功する3つのステップ

さて、最後に投資で成功するための3つのステップを解説しましょう。

ステップ①

1つ目は、とにかく「勉強する」ということです。不動産投資に関しては、最初に50時間も勉強すれば失敗することはないと思います。

不動産投資をする人が一度は意識する宅建士に受かるのに、200~300時間の勉強が必要と言われていますから、わずか50時間など楽勝でしょう。

しかも、宅建士をとってお金持ちになることはできませんが、50時間かけて不動産投資の勉強をすれば、あなたは確実にお金持ちになることができます。

私のYouTube動画をご覧いただくことでも不動産投資の勉強はできますが、最短距離で、体系的に学ぶなら、不動産実務検定が一番です。

参考:「不動産実務検定」(一般財団法人 日本不動産コミュニティー)

ステップ②

投資で成功するための2つ目のステップは、絶対に「他人任せにしない」ことです。不動産投資に限らず、投資で失敗してしまう人の特徴は、すべて他人任せにしてしまうことにあります。

そして不動産に関しては、最初わけが分からないうちは、投資に関わる人を一切信用してはいけません。不動産業者、銀行、デベロッパー、そして建設業者も、すべてあなたをカモにしようとしていると思った方が良いでしょう。

そして、そういう人たちにすべてを丸投げしてしまうのが一番いけません。

たとえば、お金だけ出して、あとはすべて他所へ丸投げにしてしまう・・・そんな会社がうまくいくでしょうか? 間違いなくカモにされるだけですよね。

他の投資とは違い、こと不動産投資においては「投資」というより「経営」と思った方がいいでしょう。なぜなら、投資家本人の経営努力でそのリターンが大きくなったり小さくなったりするからです。

そして、不動産投資はしっかり目利きをして物件を買い、適切な管理をすれば、基本的に失敗することはありません。経営者そのもののスキルを磨けば、ほぼ確実に成功することができる、非常に稀有な投資手法なのです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
浦田 健
  • 浦田 健
  • 株式会社FPコミュニケーションズ代表取締役
  • 一般財団法人日本不動産コミュニティー(J-REC)代表理事

明治大学商学部卒。
2002年個人向け不動産コンサルティング会社を創業。2008年「すべての人に不動産の知識を」を使命としJ-RECを創設、同時に「不動産実務検定」を開始。全国35ヵ所以上に教室を開設し、いつでも、だれでも、どこでも不動産実務知識が学べる環境をつくる。
2014年マレーシアに移住。国内はもとより海外の不動産コンサルティングを手がける。主な著書に「金持ち大家さん」シリーズ他、不動産関連書籍多数、発行部数は業界最多となる累計31万部超。
ビジネス系YouTuber「ウラケン不動産」として不動産、経済、金融に関する情報を配信中(2020年8月現在登録者55,000人)。