エリートサラリーマンが不動産投資で失敗する本当の理由

なぜ、落ちこぼれは投資で成功しやすいのか

さて次に、落ちこぼれの方が投資で成功しやすい理由について解説します。

以前、動画でも告白しましたが、私は約20年前のある日、突然会社をクビになり、コンサルタント業として独立しました。独立した時の所持金はたった200万円しかありませんでした。

当時、有限会社を作るには300万円の最低資本金が必要だったので、足りないお金を母に借りました。

当然、当時は不動産投資のローンを受けることもできず、クレジットカードの審査にも落ちたほどでした。エリートとの違いが歴然ですよね。

そうなのです。私のような落ちこぼれは、属性が低すぎて、そもそも銀行からお金が借りられません。ですから、最初は一生懸命働いて、節約してお金を貯めるしかありませんでした。

結果として、数年後に最初の1棟を購入することができましたが、その時は一生懸命貯めた頭金を4割も入れて購入しました。

このように、落ちこぼれとエリートでは歴然の差がありますが、逆にエリートにはなくて落ちこぼれにあるもの、それは何かわかりますか?

それは、「時間」です。

私の場合は、サラリーマンをやめたことで無駄な飲み会や接待がなくなり、勉強時間をたっぷり確保することができました。さらに属性が低いので、不動産投資の典型的な失敗例である「新築ワンルーム投資」の営業マンは寄ってこなかったのです。

もう、お分かりですよね。

落ちこぼれは不動産投資でローンを引くことができないので、安い現金で買えるような物件しか買えません。なけなしのお金を投資して失敗すると、もう後がないので必死で勉強をします。

そして、ボロ物件しか買えないので、セルフリフォームの仕方を覚えたり、リフォームのコスト感覚が磨かれたりしていきます。もちろん、必死で客付け営業もしなければいけないので、管理のノウハウも身につきます。

その結果、利回りの高い良い物件を購入することができ、その物件を数年後に高値で売却したり、その物件を銀行の担保にしてローンを引くことで、不動産投資の規模を一歩一歩、拡大できるようになります。

また、そもそもローンを組むことができませんから、もし最悪のケースになったとしても、失うのは最初に用意した自己資金程度ということになるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
浦田 健
  • 浦田 健
  • 株式会社FPコミュニケーションズ代表取締役
  • 一般財団法人日本不動産コミュニティー(J-REC)代表理事

明治大学商学部卒。
2002年個人向け不動産コンサルティング会社を創業。2008年「すべての人に不動産の知識を」を使命としJ-RECを創設、同時に「不動産実務検定」を開始。全国35ヵ所以上に教室を開設し、いつでも、だれでも、どこでも不動産実務知識が学べる環境をつくる。
2014年マレーシアに移住。国内はもとより海外の不動産コンサルティングを手がける。主な著書に「金持ち大家さん」シリーズ他、不動産関連書籍多数、発行部数は業界最多となる累計31万部超。
ビジネス系YouTuber「ウラケン不動産」として不動産、経済、金融に関する情報を配信中(2020年8月現在登録者55,000人)。