グラフでのぞく同年代のフトコロ事情&共働きなのに貯まらないのはナゼ?

家族の将来や老後のための貯蓄について、同年代の人たちと比べて現在の自分の貯金額が多いのか、それとも少ないのか、気になる人もいるのではないでしょうか。何となく「どこも同じくらいだろう」と思うかもしれませんが、実状は少し異なります。

同じ年齢層の人たちの間でも貯蓄額にはバラつきがあり、中には、お金が貯まりやすくなる習慣を日々心がけることで堅実に蓄えを増やしている人たちもいるようです。一方で、注意が必要な「お金が貯まらない習慣」が染みついてしまっている人も…。

続きを読む

そこで、気になるけれどなかなか面と向かっては聞きづらい同年代の懐事情を踏まえて、今日から真似したい「貯まる習慣」と、反対にとりわけ共働き世帯の人が気をつけたい「貯まらない習慣」についてご紹介します。

同じ年齢層でも貯蓄額には世帯差が。

総務省が公表している令和元年(2019年)度の「家計調査(貯蓄・負債編)(二人以上の世帯・勤労者世帯)」より、世帯主の年齢階級別にみた貯蓄高の分布をグラフに示すと以下のようになります。

 

拡大する

※総務省統計局の資料より編集部作成

これを見ると、世帯主が29歳以下や30代の比較的若い世代には「貯蓄高100万円未満」や「100~200万円」の世帯が多いものの、全体的には各年代ともかなりバラつきがあり、「この年代の人は大体これくらい貯めている」と一括りにするのは難しそうです。

同年代の中でも貯蓄額に差をつけている貯金上手な人たちが一定数いるということは、年齢を問わず、工夫次第では今よりも蓄えを増やせる可能性が誰にでもあるということです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。