自宅のバリアフリー工事にかかる費用はどれくらい?介護保険の「住宅改修制度」で負担を軽減!

介護が必要な家族がいる、そんな家庭の不安を解消するのがバリアフリー工事です。自宅に手すりをつけたり段差を取り除いたりすることで、転倒などのリスクを軽減できます。

しかし、自宅のバリアフリー化にはお金がかかります。ゆえにバリアフリー化できていないという家庭も少なくないでしょう。

当記事では、自宅のバリアフリー化にかかる費用やお得にバリアフリー工事をする方法を紹介していきます。実際にかかる費用を見てみると「思ったよりも安く工事ができる」と思うかもしれません。

続きを読む


日本のバリアフリー化の現状

日本ではまだまだ自宅のバリアフリー化が進んでいないという現状があります。

実際のところ、総務省の「平成30年(2018年)住宅・土地統計調査」によると、高齢者が住む住宅の一定のバリアフリー化率は42.4%にとどまっているとのことです。

同資料内(p1)において、「一定のバリアフリー住宅」とは、

人が居住する住宅について,高齢者等のための設備・構造のうち,2箇所以上の「手すりの設置」又は「段差のない屋内」がある住宅

と定義されています。

これらの工事をおこなうと考えると、それなりの費用がかかると想像するでしょう。ゆえに、バリアフリー化が必要であっても、なかなか実行できないのかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大学卒業後、福祉用具専門相談員として活躍。福祉用具や介護保険住宅改修の専門家としてアドバイス等を行っていた。退職後は福祉用具の専門知識を活かし、フリーライターとして活動中。