定年前50歳代、老後対策まだ間に合う資産運用のはじめ方

miniwide/Shutterstock.com

50歳代になると、年齢と役職に応じた給与やボーナスが受け取れるようになったり、子どもの独り立ちをしたりと、生活費に少しゆとりがでてくる人もいるのではないでしょうか。
 
しかし、ほっとするのも、つかの間、50歳代の人はもうすぐそこまで迫りきている自分たちの老後生活に向けて、急ピッチで老後資金の準備をしていかなければなりません。
 
そこで今回は、定年前50歳代の資産運用の方法についてみていきたいと思います。

続きを読む

50歳代の人はいくら貯蓄しているのか

資産運用の方法の前に、今50歳代の人はいくらくらい貯蓄をしているのかをみてみたいと思います。

金融広報中央委員会実施の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)」の結果によると、金融資産保有世帯における50歳代の平均貯蓄額と中央値は以下の通りです。

  • 平均貯蓄額:1,574万円
  • 中央値  :1,000万円

一方で、金融資産を保有していない世帯を含む50歳代の平均貯蓄額と中央値は以下の通りです。

  • 平均貯蓄額:1,194万円
  • 中央値  :600万円

中央値とは、貯蓄額が少ない順に並べた時に全体の真ん中にくる人の金額を表しています。平均値は一部の極端に貯蓄が多い人の額に引きずられてしまい、値が大きくなりがちですが、中央値は金額で引きずられることがないため、より実態を反映した値といえます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

同志社大学卒。大学卒業後、金融機関で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は役所で主に中小企業支援などに携わり、現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポートを行う。ファイナンシャル・プランニング技能検定2級、一種外務員資格などを保有。