定年前50歳代、老後対策まだ間に合う資産運用のはじめ方

平均貯蓄額はいずれも1千万円を超える結果となっていますが、中央値をみてみると、金融資産を保有していない世帯を含む結果は600万円となっています。
 
これで老後生活を迎えるのは不安と感じている人も多いのではないでしょうか。

50歳代は老後までにいくら準備するべきか

50歳代の平均貯蓄額をみてみましたが、それでは、老後までにいくら準備しておけば老後は安泰なのでしょうか。

昨年の6月に金融庁から興味深いレポートが発表されました。金融審議審議会の市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」、いわゆる「老後2,000万円問題」です。

このレポートは、老後は年金収入以外に2,000万円の老後生活資金が必要であるという内容です。

ここで先程の50歳代の平均貯蓄額と中央値を見直してみると、平均値、中央値のいずれも2,000万円に達していません。老後を間近に控えた50歳代でも、老後資金の準備が不十分な人も多いということが分かります。

しかし、準備と言っても何をしていいのかわからないという人もいるでしょう。そのような人は、資産運用を始めることを検討してみてください。

50歳代からの資産運用のはじめ方

資産運用で重要なのはいかにリスクを味方につけるか、です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
谷口 裕梨

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。