定年前50歳代、老後対策まだ間に合う資産運用のはじめ方

リスクと聞くとお金が減ることを想像する人も多いかと思いますが、一般的に資産運用においてリスクとは、値動きの振れ幅のことを指します。

リスクの小さい商品は、資産が目減りする幅が少ない代わりに資産が増える幅も少なくなります。一方でリスクの大きい商品は、資産が目減りする幅が大きい代わりに資産が増える幅も大きくなることが期待できます。
 
50歳代から老後資金を増やそうと思うと、十分な運用期間を確保することが難しくなります。例えば最近人気のiDeCoですが、現状ではiDeCoは60歳までしか資金を積み立てることができません。50歳代からではiDeCoで資産を増やすことが難しいと言わざるをえません。
 
そこで50歳代の人は、金融商品を上手に選び、リスクのバランスを取りながら運用していくことが重要になります。しかし、これは運用初心者には難しいといえます。

自分は金融商品を上手に選ぶ自身がない、でも老後までに資産運用でできる限り資産を増やしていきたいという人は、1人で商品を選ばずに、資産運用のプロのアドバイスを取り入れながら運用するようにすると良いでしょう。

どの金融商品が最適かは人によって違います。自分にとっての「最適解」を探すためにも資産運用のプロのアドバイスを取り入れるところから始めてみてください。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
谷口 裕梨

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。