定年後60代がハマる資産運用の不都合な真実

貯蓄といっても現金を預ける預貯金だけではありません。

  • 通貨性預金:582万円
  • 定期性預金:882万円
  • 生命保険など:495万円
  • 有価証券:345万円
  • 金融機関外:26万円

預貯金や生命保険の保有割合の合計が8割を超えており、有価証券である資産運用にはまだまだアレルギーのある方が多いことが分かります。

ただしこの結果は現在の60代の方であり、現金を預けておいたら利子がついて勝手に増えていた、入社から定年まで同じ企業で働きまとまった退職金がもらえたということが大いに関係しているでしょう。

これから60代を迎える方の場合、働き方が自由になったことで転職しやすくなりましたが、これにより退職金が減ってしまったり、預貯金だけでは増えないので資産運用を考える必要が出てきたりと新たな課題が出てきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
三輪 文
  • 三輪 文
  • ファイナンシャルアドバイザー

二級ファイナンシャル・プラニング技能士(FP2級)。はたらく世代の資産運用サポート促進のためのマネーセミナーで登壇多数。二種外務員や保険募集人資格を短期間で取得。生命保険から投資信託までの幅広い金融商品を活用し、総合的な視点からライプラニングや資産運用アドバイスを行う。また、中学生から芸能活動をスタートし、役者やラジオパーソナリティ、モデルなどとして幅広く活動。フリーランスなどの経験と女性の視点も併せて資産運用の初心者にでも分かりやすくお金の話を伝えることに努力している。