「贅沢しなければ1000万円は必要ない」専業主婦になれると思う夫の年収は?

若い頃は「できれば年収1000万円の人をつかまえて優雅に暮らしてみたい」なんて話す友人に出会ったりしたものです。しかし、婚活をしたり実際に自分や周囲の年収がわかってくると、年収1000万円越えの人と出会い結婚することがどれだけ大変かということに気が付くのではないでしょうか。

共働き家庭が年々増加する昨今ですが「子供の成長もゆっくり見たいし、お金が許すのであれば自分は専業主婦になりたい」そんな風に考える人もまだまだいるようです。

今回、既婚女性を対象に「専業主婦になるなら夫の年収はいくら必要か?」を調査。結婚して現実が見えてきた方たちの考える「いくらあれば暮らしていけるのか」の感覚を調べました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

日用品メーカーにて宣伝・広報部門に勤務、パブリシティ活動を中心とした商品の魅力を伝える仕事を経験。
その後、都心でのOL生活を経て現在は2児の母として育児に奮闘する日々を送っています。
育児や日常に関する、お得な情報やクスリと笑えるような話題の共有・共感ができるような記事を目指しています。
育児や婚活、人間関係や社会問題の悩みなどを専門に、身近な話題を中心に執筆中。