コロナでため息が増加⁉老後の不安「お金」「介護」を抑えて1位とは

不安の理由は「どのような対策をとったらよいか分からないから」

老後の不安をあおっているのは、「どのような対策をとったらよいのか分からないから」というもの。「老後に備えた対策をしていない(57.6%)」のうち、半数を超える人が「老後に備えた対策をしたい気持ちがあっても具体的に何をしたらよいか分からない」と回答しています。そのため、ただただ不安が積み重なっているようです。

一方で、対策をしている人は、「定期的な健康診断や人間ドックを受診する」「貯蓄をする」がそれぞれ54.2%でトップでした。たしかに闇雲に不安がるよりも賢明な判断でしょう。健康を気遣って運動をしたり食生活を見直したりするのはよいことですし、老後から逆算して何歳までにいくら貯めておこうと考えるのは大事です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大阪市立大学経済学部卒。大学在学中に人材コンサル会社にて大学生へのキャリア支援や企業の採用活動をサポートする営業事務として勤務。大学卒業後にIT会社にてシステムエンジニアとして勤務したのち、フリーライターとして独立。大学生と企業の両面から採用活動に携わった経験を活かしてビジネス関連を中心に幅広いジャンルで執筆活動中。京都の田舎でゆるりと自分らしい生活を大切に。Twitter:https://twitter.com/k_k_kanana