職場にいる「足を引っ張る人」は何が厄介? 会社員4人に聞いた特徴

職場に一人はいると言ってもいい、他人の足を引っ張る人。仕事をしないだけならまだ放っておけばいいものの、足手まといになるのは厄介です。そこで今回は、できれば避けて過ごしたい「足を引っ張る人」の特徴について4人の会社員に聞いてみました。

何でも人に聞けばいいと思っている

IT企業で働く20代のAさんは、2つ年上の先輩に足を引っ張られていると感じるのだそう。

「年上だし社歴も先輩のほうがかなり長いのに、何でもかんでも聞いてくる。これってどうやるの? アレ教えて!と毎日いくつも質問が飛んでくる。こっちも忙しいと教える時間が惜しいから、『あとはやっておきます』と言うと『ありがとうー!』と笑顔で仕事を回してくる」のだそう。

続きを読む

「最近は仕事を頼みたいがために聞いてくるのか?と思うようになってしまった。何度教えても理解してくれない、覚えてくれないのはワザとなのかもしれない」と言います。

「そもそもわからないことを聞いてきているはずなのに、こっちが説明してもメモさえ取らない。『そうなんだ』『ありがとう! わかりやすい!』と言うものの、1週間経つとまた同じことを聞く。普段から忘れっぽいというわけではないし、会社の同僚や上司の誕生日には詳しいので別に覚えられないワケでもないと思う」と疑うAさん。

Aさんとしては、相手は先輩なので断りづらいのだとか。本当に覚える気があるのなら、人に聞いたことはメモを取って次回以降に活かしたいものですよね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

FP保有の金融系ライター。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。