「パラレルキャリア&複業」2つの新しい働き方の違い・メリットとは

働き方の多様化が少しずつ進み、副業を認める企業も増えてきました。そんな中、複数の仕事に携わる「パラレルキャリア」や「複業」という新しい働き方が注目されています。

筆者もそんな働き方を実践する一人です。平日週2日は正社員として勤務し、残り3日はフリーランスの編集者・ライターとして活動しています。

今回は、自身の経験談も交えつつ、パラレルキャリアや複業とはどんなものか、そしてどんなメリットがあるのかを順に解説していきます。

続きを読む

パラレルキャリア・複業とは?

「パラレル」とは英語で「平行・並行・並列」を意味する言葉です。つまり、パラレルキャリアとは複数の活動に並行して携わり、キャリアを築くことを指します。

実はこの言葉、経営学者のピーター・ドラッカー氏が著書『明日を支配するもの』の中で提唱したものです。彼は、一つの組織に依存して働くのではなく“第二のキャリア”にも時間や労力を費やすべきだと述べています。

パラレルキャリアにおいては、無償のボランティアや社会貢献活動など、必ずしも直接的な収入の有無を問いません。一方、複業の場合は「複数の仕事」という意味合いが強くなり、いくつかの収入源がある状態を指します。

このように、二つの言葉にはやや違いがあるものの、実際には同じような意味で使われることが多いでしょう。なお、複業は基本的にすべてが本業であり、本業+副収入のための仕事を行う「副業」とはその点で異なります。

では、パラレルキャリア・複業の具体的なメリットを見ていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

編集・ライター

東京都在住、一児の母。


子育てと仕事を両立できる働き方を模索し、現在は週2勤務の会社員+フリーランスの編集ライター。

子ども優先・無理しない働き方を軸に『ゆとりのある複業』を実践している。

 

そんな自身の経験から、働き方やキャリアの分野を中心に執筆中。

その他得意ジャンルは、暮らし、子育て、美容など。

筑波大学人文学類・言語学専攻卒。

Twitter:https://twitter.com/Chakimama1
note:https://note.com/chakimama