還暦にむけて意識したい「おひとり様の老後にかかるお金」

老後の生活って、イメージできていますか?また、どのくらいお金が必要なのか把握できているでしょうか。

パートナーや子どもがいない「おひとりさま」の場合は、「おひとりさま」ならではの不安があるかと思います。安心したシニアライフを送るために、還暦前から「老後資金」の準備を始めていきましょう。

おひとりさまでも1600万円以上必要?老後の生活資金

2019年6月、金融庁『金融審議会 市場ワーキング・グループ』が発表した「老後2000万円問題」が話題となりました。「夫婦で定年後に30年間(95歳まで)生きると仮定した際に2000万円必要になる」ということです。しかもこれは年金以外に必要な金額。

続きを読む

もちろん、日頃の生活スタイルやもらえる年金額などで個人差はありますが、老後に不安を感じた人も多かったでしょう。気の遠くなるような金額ですからね。

では、「おひとりさま」の場合はどうなのでしょうか。

総務庁の家計調査によると(※)「おひとりさま」世帯の平均的な月の年金額は10万6,411円、そして実支出は15万2029円。年金だけでは、毎月約4万5000円足りないことになります。ここから試算すると、定年後の30年間に必要な金額は約1620万円という結果に。

(※)家計調査/家計収支編 単身世帯「1世帯当たり1か月間の収入と支出」総務省統計局

1人だから単純に半額になる、というわけではありません。住居費や光熱費など、世帯の人数に関係なく必要となる支出があるからです。よって、おひとりさまの方が、老後の生活が厳しくなる可能性が高いともいえます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。