世代別に見るみんなの貯金は、いくらか

貯蓄ゼロ世帯は意外に多い

  • 20歳代・・・220万円
  • 30歳代・・・640万円
  • 40歳代・・・880万円
  • 50歳代・・・1,574万円
  • 60歳代・・・2,203万円
  • 70歳以上・・・1,978万円

どうでしょうか。資産がゼロの方を省いているので、当然ですが、平均値が大きく上昇しています。

金融資産ゼロの世帯は2013年にかけて上昇し、31.0%をピークに徐々に減少していますが、2004年以降で見てみますと、概ね20%前半で推移しています。令和元年は23.6%となっています。

あなたの周りに人が100人いるとすると、23人が預貯金を保有していないという状況です。

2020年はコロナショックの影響で、思いがけず職を失った方や給与が減少した方が、例年より多いことは間違いありません。今年度の統計では、預貯金等の保有額がどのように推移するのか、心配なところです。

「中央値」とは?

平均預貯金額の話をする際、平均値と比較して出てくるのが、「中央値」です。

「中央値」とはデータを値の小さいほうから順に並べた時に、ちょうどデータを半分に分ける値のことを言います。つまり、データの真ん中の値ということです。

例えば、年収が300万円の人が9人、1億円の方が1人いるとします。
平均値は1,270万円になり、中央値は300万円になります。

平均値で考えると、10人中9人の方は、自分の年収が平均値とかけ離れてしまったため、共感しにくくなります。逆に、「中央値」10人のうちの大多数が共感しやすい金額になりますね。

実際、各世代に3,000万円以上の金融資産を保有している方は、20代を除き、約2%~15%となっています。日本人の平均年収は441万円ですから、上述した例(9人が年収300万円、1人が年収1億円)の割合も、あながち、極端な例ではないかもしれません。

各世代の「中央値」は?

それでは、金融資産非保有世帯を含めた、金融資産保有額の中央値を見ていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
土屋 史恵

ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用
神戸市外国語大学卒業後、ジブラルタ生命保険、りそな銀行、東京スター銀行等で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。AFP(AFFILIATED FINANCIAL PLANNER)、一種外務員(証券外務員一種)等の資格を保有。