世代別に見るみんなの貯金は、いくらか

貯蓄ゼロ世帯は意外に多い

  • 20歳代・・・71万円
  • 30歳代・・・240万円
  • 40歳代・・・365万円
  • 50歳代・・・600万円
  • 60歳代・・・650万円
  • 70歳以上・・・460万円

先程、金融資産非保有世帯が23.6%あることをお伝えしました。

上記の表ですと、中央値の半分以下の部分のうち、その約半数が資産ゼロになりますので、どうしても中央値が低くなってしまいます。

では、資産を保有している世帯のみの統計ではどうなるのでしょうか。下記をご覧ください。

  • 20歳代・・・165万円
  • 30歳代・・・355万円
  • 40歳代・・・550万円
  • 50歳代・・・1,000万円
  • 60歳代・・・1,200万円
  • 70歳以上・・・1,100万円

どうでしょうか。もし、あなたが金融資産を保有している世帯でしたら、こちらの方が感覚として近いかもしれません。

まとめにかえて

「預貯金が〇〇あれば安心」など、必要となる額は一概にいくらとは言えません。当たり前ですが、ライフスタイルは、それぞれ異なるからです。

ただ、平均よりも資産額が少ない方は、資産を貯めることに関しては、同世代の方よりも出遅れている可能性もあります。

多くはなくても、まとまった額の預貯金があれば、老後の生活を計画するにしても、ゆとりが生まれます。

貯蓄は今日スタートしても決して遅くありません。ぜひ、運用を含めた、資産の形成を前向きにご検討されることをおすすめします。

スマホOK!無料Webセミナー「お金の増やし方」「iDeCo/NISA始め方」他【PR】

毎日開催/無料オンラインセミナー/たった30分/資産運用初心者向け/月2万円からしっかり資産作る/iDeCo・NISAどっち?/投信選び/保険見直し/スマホやPCで簡単参加/カメラoff/講師陣は大手金融機関出身者/もやもや解消&問題解決あり

◆無料セミナー詳細とお申込みはこちらをクリック <株式会社OneMile Partners主催>

参考資料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
土屋 史恵

ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用
神戸市外国語大学卒業後、外資系生命保険、大手都市銀行等で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。FP2級、一種外務員等の資格を保有。