気になる隣人の「貯蓄額」1000万円以上ある世帯はどのくらい?

将来を具体的に見据えて貯蓄の見直しを

急な災害や病気など、予期せぬ出費も考慮して、日頃からお金の管理には真剣に取り組みたいものですね。まずは収支額をきちんと把握し、毎月の必要経費の確保、そして“心のゆとり維持費”を月収に合った比率で捻出しながらいくのもよいでしょう。
将来を具体的に見据え、目標額に到達したときの達成感を想像しながら、コツコツと増やしていきませんか?


【ご参考】
貯蓄とは
総務省の「家計調査報告」[貯蓄・負債編]によると、貯蓄とは、ゆうちょ銀行、郵便貯金・簡易生命保険管理機構(旧郵政公社)、銀行及びその他の金融機関(普通銀行等)への預貯金、生命保険及び積立型損害保険の掛金(加入してからの掛金の払込総額)並びに株式、債券、投資信託、金銭信託などの有価証券(株式及び投資信託については調査時点
の時価、債券及び貸付信託・金銭信託については額面)といった金融機関への貯蓄と、社内預金、勤め先の共済組合などの金融機関外への貯蓄の合計をいいます。


【参照】
金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)

佐和山 薫

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

元ダンサー、現在はヨガのインストラクターを行う。仕事や家事にと忙しい女性に向けて、小さな癒しや喜びを届けられる記事を目指します!