節約上手さんになるための「家計簿活用術」&「買い物の工夫」

~コロナ禍を乗り切るために、今始めたいこと~

家計簿を正しくつけて節約上手に!

生活費を節約するためには、家計簿の活用がおすすめです。しかし、ただ漠然とつけるだけでは効果を発揮しません。大事なのは「目的を決めること」「項目を絞ること」「見返すこと」の3つです。

まずは、家計簿をつける目的をはっきりさせましょう。収支の状況を把握したいだけなのか、何かを購入するために貯蓄をしたいのか。それによって、どの項目に注目したらいいかも変わってきます。モチベーションを保つためにも、目的を決めることが大切です。

その次は、項目を絞ります。あまり細かく分けると、家計簿をつけること自体が負担になってしまうことも。まずは大ざっぱに「食費」「光熱費」「日用品費」など、4~8項目くらいにしてみるのがおすすめです。もっと詳しく把握したい項目が出てきたら、必要なものだけ増やしていきましょう。

最後に、家計簿はつけるだけでは意味がありません。月ごとの収支を比較し、改善していくことが大切。毎月見直すことで、貯蓄に回せる金額も定まってくるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。