おかしな「ZOOMマナー」より、本当に必要な「Web会議マナー」5選

聞こえやすいマイクを使用する

PCの内蔵マイクの性能によっては、集音機能が優れていない場合もあります。

筆者は複数台PCを持っていますが、モバイル性に優れた超薄型PCを使った場合に「音声が聞き取りにくい」と相手から指摘されてしまったことがあるのです。マイクの性能の善し悪しは自分ではなかなか気づくことはできませんから、大事なビデオ通話をするなら事前にリハーサルをしたほうが良いかもしれません。

現在は数万円するプロ仕様の高性能外部マイクを購入したことで、音質の問題は改善できました。ここまでする必要はないかもしれませんが、音が聞こえづらいと参加者には非常に強いストレスになるので、マイクの性能は要チェックです。

安定したネット回線

マイクの集音機能と同様に、ネット回線も性能が十分でないとストレスがたまります。

特に会議で話をする比率の高い中心人物のネット回線が安定していなければ、その影響範囲は参加者全員に及びます。筆者の事例で言えば、自宅でWi-Fi接続して出版社と打ち合わせをしていた時に、キッチンで家族が電子レンジを使用した際に回線が不安定になり、音声や映像が飛んでしまいました。それ以降は、有線LANに接続したPCで会議に参加するようにしています。

安定したネット回線は、マイクの集音機能と同じく会議の品質を安定化させるためにチェックが必要です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
黒坂 岳央
  • 黒坂 岳央
  • 高級フルーツギフトショップ「水菓子 肥後庵」代表
  • 起業家/投資家/ジャーナリスト

関西外国語大学入学、在学中にシカゴDePaul Universityへ留学し会計学を専攻。大学卒業後、ブルームバーグLP、株式会社セブン&アイネットメディア、株式会社コカ・コーラボトラーズジャパン勤務を経て、熊本の三ッ星フルーツギフト「水菓子 肥後庵」を起業。ビジネスジャーナリスト、作家、講演家。投資家でもあり、株式・国内外の不動産・FX・仮想通貨などに幅広く投資。資産数十億円超のビリオネアとの投資やビジネス経験を活かして、『年収1億円超の起業家・投資家・自由業そしてサラリーマンが大切にしている習慣 “億超えマインド"で人生は劇的に変わる!』を著書に持つ。英会話スクール・語学留学より圧倒的に低コスト&最短最速で身につく「英語多読の入門講座」を無料動画で開講中!